ふるさと納税+楽天トラベル+GoToキャンペーンが節税最強コンボ!

サラリーマンの節税として絶対にやるべき方法が、ふるさと納税です。

この記事を読んでいるあなたなら、ふるさと納税のメリットは十分に知っていると思います。

会社の経営者や個人事業主の方なら、節税の方法も色々ありますが、サラリーマンの場合は節税する方法は限られています。

現実的でもっとも効果が高い節税が「ふるさと納税」です。

私もふるさと納税していますが、何回も納税先の自治体を選ぶのが面倒なこともあり、家族旅行を楽天トラベルで予約してふるさと納税を行っています。

去年はコロナウイルスの蔓延で旅行に行くことができませんでしたが、今年は緊急事態宣言も解除され、秋の行楽シーズンに家族旅行ができそうです♬

【家族旅行】+【ふるさと納税】という、「節税」と「楽しさ」を兼ねた素晴らしいコンビなのですが、この【家族旅行】+【ふるさと納税】にもう1個プラスすることで、節税最強コンボになります!

それは【GoToキャンペーン】です!

【ふるさと納税】+【楽天トラベル】の悪い点を挙げるとすれば、どうしても金額が大きくなり、寄付上限額を超えることが普通になっていることです。

私の場合は、60,000円が控除上限額なのですが、楽天トラベルで旅行に行けば簡単に上限額を超えてしまいます。

楽天トラベルの旅行先を安いプランや地域を選べば金額は調整することができますが、せっかくの家族旅行ですので手出し費用が出ることは諦めていました。

しかし、GoToキャンペーンを利用すれば、大幅に楽天トラベルの旅行金額を抑えることができるため、節税効果を高めつつ旅行先の手出し費用を諦めることが無くなります!(少なくなる)

でも、【ふるさと納税】+【楽天トラベル】+【GoToキャンペーン】=『節税最強コンボ』はGoToキャンペーン中しか使えません!

GoToキャンペーンが実施されることは恐らく間違いありませんが、実際の施行時期はまだ確定ではありません。

しかも、実際にGoToキャンペーンが実施されると、旅行に行こうという方が一気に増えることは間違いありません。

人気の行楽地や遊園地はすぐ予約がいっぱいになることも間違いありません!

そのため、実際にGoToキャンペーンが実施される前に、旅行先を決めておき、できれば予約まで終わらせておくことが安全です。

ちなみに、ふるさと納税は確定申告せず、簡単に申請する「ワンストップ特例制度」を利用するためには、今年中に『寄附金税額控除に係る申告特例申請書』を受け取る必要があります。

ふるさと納税の「ワンストップ特例制度」を利用するためにも、GoToキャンペーン前に予約をしておくためにも、早めに旅行先だけは決めておきましょう!

楽天トラベルについて確認しておきたい方は、関連記事を読んでみて下さい。

>>>【関連記事】自粛疲れの解消なら旅行が一番♬楽天トラベルで早めに予約しちゃおう

ふるさと納税について詳しく知りたい方は、下の関連記事を読んでみて下さい。

>>>【関連記事】地元を応援しながら節税!やらなきゃ損!ふるさと納税はサラリーマン世帯の節税No1!

ライブコマースに興味がある方は、関連記事を読んでみて下さい。

>>>【関連記事】ライブコマースなら自宅でゆっくり購入♪購入で地元の生産者を応援

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる